ブログ

Yahoo!ショッピングのルールを守る!商品画像ガイドラインの詳細

Yahoo!ショッピングのルールを守る!商品画像ガイドラインの詳細

Yahoo!ショッピングで成功するためには、商品の魅力を最大限に引き出す画像を用意することが非常に重要です。

一方で、Yahoo!ショッピングに掲載できる画像にはさまざまなガイドラインが定められています

出店したばかりの方は、商品画像ガイドラインのガイドラインを知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、基本的な商品画像ガイドラインの他、画像掲載時の運用ルールについても解説します。

ぜひ、この記事を参考にして、品質の高い画像作成を心がけてみてください。

Yahoo!ショッピングの商品画像ガイドラインとは

スマホで商品を撮影する様子

Yahoo!ショッピングには商品画像の掲載に関して、ガイドラインが定められています。

ここでは、ガイドラインが定められた概要と背景についてご説明します。

ガイドラインの概要

Yahoo!ショッピングのガイドラインは、商品の魅力を正確に伝え購入者に安心感を与えるために、商品ページを作る際のルールとして定められました。

ガイドラインを守ることで、ユーザーに対して誠実で信頼性の高い商品情報を提供できるようになっています。

ガイドラインの詳細な内容については後述します。

ガイドライン策定の目的

Yahoo!ショッピングのガイドラインは、以下の点に焦点をあてて設定されています。

1.ユーザーの購買体験向上

  • 正確な情報提供
  • 高品質で正確な商品画像を提供することで、ユーザーが商品を正しく理解し、安心して購入できるようにする
  • 信頼性の向上
  • 誤解を招くような画像を排除し、顧客に対して信頼性の高い情報を提供する

2.販売促進

  • 商品の魅力を引き出す
  • 適切な画像を使用することで、商品の魅力を最大限に引き出し、購買意欲を高める
  • 視認性の向上
  • シンプルで明るい背景や適切な構図を使用することで商品が際立ち、ユーザーの目を引く

3.トラブル防止

  • 返品・クレームの削減
  • 商品画像が実際の商品と一致することで、購入後のトラブルを減少させる
  • 法的リスクの回避
  • 著作権侵害や虚偽表示を避けることで、法的なリスクを回避する

4.プラットフォーム全体の品質維持

  • 一貫性の確保
  • 全ての出品者が同じ基準を守ることで、プラットフォーム全体の品質が向上し、顧客満足度を高める
  • ブランドイメージの向上
  • Yahoo!ショッピング全体のブランドイメージを向上させ、信頼されるショッピングサイトを維持する

これらの目的を達成することで、Yahoo!ショッピングはユーザーに対して優れた購買体験を提供し、出品者にとっても売上向上とトラブル回避を実現することができます。

遵守すべき基本的な画像要件

一眼レフで商品を撮影する女性

商品画像ガイドラインは画像そのものに対するルールと、画像の内容に関するルールがそれぞれ定められています。

ここでは、画像そのものに対するルールについて説明します。

ファイル形式・容量

Yahoo!ショッピングでは、画像ファイル形式はPNG・JPEG・GIFのいずれか、容量は2MB以下と定められています。

基本的にはAmazonや楽天市場のガイドラインと変わりません。

ファイル名

ファイル名については、商品画像と商品詳細画像でそれぞれルールが異なります

  • 商品画像:「商品コード.拡張子」(例)a-001.jpg
  • 商品詳細画像:「商品コード_1〜20までの数字.拡張子」(例)b-001.2.jpg)

画像登録前に、商品コードの確認を忘れないようにしましょう。

画像サイズ

画像サイズは縦3,024px × 横4,032pxと定められています。

比較的大きなサイズまで許容されていますが、小さい画面に大きな画像は見にくくなってしまうため注意が必要です。

しかしながら、画像が小さすぎると商品の情報が伝わりづらくなるため、商品に応じて適切な画像サイズで作成するようにしましょう。

そのほかの商品画像の運用ルール

一眼レフで商品を撮影する様子

Yahoo!ショッピングの商品画像のガイドラインでは、画像の内容に関するルールもいくつかあります。

順に見ていきましょう。

背景は基本的に白のみ

Yahoo!ショッピングでは、商品画像の背景は白と原則として定められています。

白は違和感を与えにくく、スムーズに商品を選びやすいという背景からこのようなルールが設けられているため、まずは背景は白が基本と覚えておきましょう。

画像を枠で囲い込むのはNG

SNSや自社オンラインショップなどでは、商品を際立たせるため画像全体を赤で囲われていることがよくあります。

ですが、Yahoo!ショッピングではこのような商品画像の枠の囲い込みは禁止されています。

枠の囲い込みで目立たせるのではなく、商品の画像そのもので魅力を伝えるように工夫しましょう。

テキスト占有率は20%以下

テキスト占有率とは、「画像内に含まれるテキストの割合」を指します。

Yahoo!ショッピングでは、このテキスト占有率が20%以下になるようにしなくてはなりません。

テキストが多すぎると、本来の画像としての目的が果たせなくなるためです。

また、「今なら〇%引き」や「期間限定ポイント〇倍」といった、商品情報とは関係のない文言の掲載も禁止されています。

画像で伝えきれない情報があれば、画像ではなく商品ページ内でアピールするようにしましょう。

ガイドライン違反時のペナルティ

ペナルティを受けるイメージ

では、これらのガイドラインに違反してしまった場合、どのようなペナルティを受けるのでしょうか。

ここでは、ガイドラインに違反してしまった場合のペナルティについて解説します。

商品ページの削除

ガイドラインに違反している商品ページは、発見次第即時削除され、商品が検索結果やカテゴリページに表示されなくなります。

このペナルティは2023年4月にYahoo!ショッピングから公開されている情報です。

検索順位の低下

商品画像の違反が発覚すると、商品の検索結果が落ち、下位に表示されてしまいます。

こちらも、2023年4月にYahoo!ショッピングから正式に公開されたペナルティです。

アカウントの機能制限

違反の度合いによっては、出品者アカウントの機能が一部制限されることがあります。

また、重大な違反が発覚した場合や、繰り返し違反を行った場合、出品者アカウントが一時的または永久に停止される可能性もあるため注意が必要です。

売上金の保留

ガイドライン違反によるトラブルが発生した場合、売上金の支払いが保留されることがあります。

これは、顧客への返金や補償に備えるためです。

法的措置

著作権侵害や虚偽表示など、法的に問題のある行為を行った場合、法的措置が取られることがあります。

これには、損害賠償請求や刑事訴追が含まれます

これらのペナルティは、ガイドラインを遵守する出品者に対して公平な環境を提供し、顧客に対して信頼性の高いサービスを維持するために設けられています。

特に、Yahoo!ショッピングから正式公開された「商品ページの削除」と「検索順位の低下」は売上に直結します。

「気づかずに違反していた」「ガイドラインの内容を見逃していた」ということのないよう、事前に必ず確認するようにしましょう。

利益を残し続けるショップづくりはEC-Consulting Japanにお任せ!

利益が出るイメージ

売上を伸ばし利益を残し続けるためには、魅力を伝える商品ページづくりが非常に重要です。

ですが、ガイドラインに遵守した商品画像と売上を伸ばす商品画像を両立させるためには多くの工夫が必要になります。

「せっかく良い商品を仕入れたのに、なかなかユーザーに見てもらえない」
「商品画像を作りたいけど、ガイドラインの内容がわからず踏み出せない」
「そもそも何から始めたらいいかわからない」


このような悩みを抱える方は是非弊社のコンサルティングサービスをご利用ください!

弊社のECコンサルティングでは、長期的に利益を出し続けるために「今何をすればよいのか、そして次は何をすればよいのか」など、常に先のゴールが見える状態で一緒に考え、課題を解決していく伴走型支援スタイルを取っています。

『売上だけでなく利益もしっかりと残る運営』に重きを置き、最短最速で最高の結果を出すことをお約束します。是非お気軽にご相談ください!

お問合せはこちらkeyboard_arrow_right

Yahoo!ショッピングで遵守すべき商品画像ガイドライン|まとめ

Yahoo!ショッピングでは、商品の魅力を正確に伝えユーザーに安心感を与えるためにガイドラインを策定しました。

このガイドラインを遵守することで、ユーザーからの信頼度や顧客満足度が向上するだけでなく、自社商品の販売促進やトラブル防止など、ストア側にもメリットがあります。

一方、ガイドラインに違反してしまうと商品ページの削除や検索順位の低下だけでなく、最悪の場合法的措置を受けるなどのリスクが伴います。

商品画像を作成する予定の方は、事前にしっかりと確認することをおすすめします。

なお、よりよい商品ページづくりを心掛けてはいるものの、なかなか利益確保に繋がらないという方は、ぜひ弊社コンサルティングをご検討ください!

Yahoo!ショッピングの店舗運用をフルサポートします。

お問合せはこちらkeyboard_arrow_right

関連記事

Yahoo!ショッピングの出店手数料の無料・有料範囲を徹底解説!

Yahoo!ショッピングの出店手数料の無料・有料範囲を徹底解説!

Yahoo!ショッピングで検索に出てこない原因や解決方法を解説

Yahoo!ショッピングで検索に出てこない原因や解決方法を解説

Yahoo!ショッピング超PayPay祭の集客対策【おすすめ販促】

Yahoo!ショッピング超PayPay祭の集客対策【おすすめ販促】

Yahoo!ショッピングのプロダクトカテゴリを解説!対策法も紹介

Yahoo!ショッピングのプロダクトカテゴリを解説!対策法も紹介

Yahoo!ショッピングで売れる商品ページとは?作成ポイント解説

Yahoo!ショッピングで売れる商品ページとは?作成ポイント解説

【徹底解説】Yahoo!ショッピングの商品登録方法と手順について

【徹底解説】Yahoo!ショッピングの商品登録方法と手順について

ブログ一覧へ戻るkeyboard_arrow_left

お問い合わせ

ご相談はお気軽にご連絡ください。
メールは24時間365日受付しております。