ブログ

【初心者必見】Yahoo!ショッピングのアイテムマッチについて徹底解説

【初心者必見】Yahoo!ショッピングのアイテムマッチについて徹底解説

Yahoo!ショッピングで自社商品の売上を伸ばしたいけれど、効果的な手段がわからない、そんな商品ページの運営者の悩みを解決してくれるのが「アイテムマッチ」という広告手法です。

検索からわずかな時間で関心が高まったユーザーに、その興味関心に合わせた商品広告を即座に届けられる、つまり、購買意欲の高いユーザーにピンポイントでアプローチできるのがアイテムマッチの最大の魅力です。

本記事では、この効果的なアイテムマッチ広告の仕組みから、設定方法・運用のポイント・成功事例までを徹底解説します。

限られた予算で最大限の売上げアップを目指す方には必見の内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

Yahoo!ショッピングについてまずは解説

説明する女性

Yahoo!ショッピングは、LINEヤフー株式会社が運営する国内最大級の総合ショッピングモールで、ネット通販の国内最大手、年間の取扱高は1兆円を超える巨大マーケットです。

Amazon・楽天市場と並び国内3大ECモールのひとつとしてあげられるYahoo!ショッピング傘下には全国の多くの通販サイトが出店しており、衣料品・家電・食品・おもちゃなど、あらゆるジャンルの商品が扱われています。

ユーザーはジャンルを問わず商品を横断的に検索・比較できるため、非常に利便性が高いサービスとなっています。

利用者数も多く、単にユーザー集客の場としてだけでなく、販売の重要なチャネルとして注目が高まっています。

Yahoo!ショッピングのアイテムマッチとは?

洋服のオンラインショップを見る女性

多くの買い物客が訪れるYahoo!ショッピングで自社の商品をアピールし、売上を伸ばすためには様々な広告手法を利用する事が重要ですが、利用できる広告のひとつに「アイテムマッチ」と呼ばれる手法があります。

ここからはアイテムマッチ広告について紹介します。

アイテムマッチの仕組み・特徴

アイテムマッチは検索連動型広告の一種で、ユーザーの検索キーワードや閲覧した商品ページから察知された関心に基づいて、関連する商品の広告を表示する仕組みになっています。

具体的には、ユーザーが「シャツ」というキーワードで検索した場合や、ABCブランドのシャツの商品ページを閲覧した場合に、そのユーザーに対して「XXXブランドのシャツ」といった関連商品の広告を表示させることができます。

つまり、狭い範囲でのターゲティングが可能になり、より関心が高いユーザーへのアプローチが可能になるのが最大のメリットです。

ストアマッチとアイテムマッチの違いについて

Yahoo!ショッピングの広告には、ストアマッチとアイテムマッチの2種類があります。

これらは対象範囲が異なるため、用途に合わせて使い分ける必要があります。

ストアマッチとは、広告主のショップ全体に関する広告を表示する手法です。店舗名やカテゴリー、取り扱い商品ジャンルなどをキーワードにしてユーザーを自社ストアに誘導することが目的です。

つまり、まだ特定の商品への関心が芽生えていない初期的な検索段階でのユーザー獲得を狙うのがストアマッチの特徴です。

一方のアイテムマッチは、特定の商品に関連する広告を配信します。

ユーザーがその特定の商品やカテゴリーに関心を持っていることが既に分かっている状況で、さらに関連商品の購入を後押しするための手法です。

そのため、ストアマッチよりもさらに限定的な範囲でのターゲティングが可能で、販売までの流れをスムーズにすることができます。

アイテムマッチが表示されるタイミング

ユーザーが「アディダス 靴」というキーワードで検索し、「アディダスの公式ショップ」の商品ページを閲覧した場合、そのユーザーに対してアディダスのスニーカー商品の広告を表示させることができます。

関心が高まっているタイミングで関連商品をアピールできるので、購入に結びつきやすくなります。

また、「キャンプ用品」というキーワードで検索し、テントのメーカーAの商品ページを見ていたユーザーに対して、テントのメーカーBの関連商品の広告を表示させることも可能です。

アイテムマッチは難しい?

効果の高いアイテムマッチ広告を行うには、ユーザーの検索動向や商品カテゴリについての理解が必要不可欠です。

単に漠然と広告を出しても適切なマッチングは難しく、期待した効果は得られないため、アイテムマッチの運用にはある程度の専門知識が求められます。

ユーザーの関心ごとに商品をグループ分けしたり、複数のマッチングパターンを設定したりといった細かい調整が発生するため、初めてアイテムマッチを利用する方にとってはハードルが高いと感じるかもしれません。

効果的な広告費の設定方法などは、やっていけばコツが掴める事もあります。どうしても不安な方はプロに相談する事も視野にいれましょう。

アイテムマッチ広告の設定方法と流れ

PCで設定する様子

Yahoo!ショッピングには膨大な数のユーザーがアクセスし、多くの商品検索が行われています。

そのような環境下で、ユーザーの関心の高い商品カテゴリーに特化したアイテムマッチ広告を出稿することで、的確な商品アピールと費用対効果の高い販売促進が期待できます。

ここからはアイテムマッチ広告のやり方について解説しますので、参考にしながら手順を一つひとつ確実に実践しコツを掴んでいきましょう。

アイテムマッチ広告の設定方法について

アイテムマッチ広告を行うには、まずYahoo!ショッピングの「ストアマッチ」に登録し、プロモーション広告の審査を受ける必要があります。

審査通過後、広告作成画面で「アイテムマッチ」を選択します。

その後は、アイテムマッチの対象となる商品を指定し、キーワードや予算・入札価格などを適切に設定していきます。

商品は個別に設定することも、同じカテゴリーの商品をまとめてグループ設定することもできます。

キーワード設定では、広告を表示させたい検索ワードを指定でき、関連度の高いキーワードを複数設定すればマッチング精度が上がります。

また、入札価格は1クリック単価で設定し、予算の範囲内で自動で調整されます。

運用の上でポイントになるのは、対象商品の選定とキーワード設定です。これらを的確に行うことが効果の高い広告配信につながります。

前述の設定が終われば、実際にアイテムマッチ広告の配信が開始されます。その流れは以下のようになります。

  1. ユーザーが関連するキーワードで検索を行う
  2. 該当する商品ページなどを閲覧する
  3. アイテムマッチ広告として、関連商品の広告が表示される
  4. ユーザーが興味を持って広告をクリックすると、その商品ページへ移動する

アイテムマッチ広告がユーザーの関心を捉え、さらなる商品購入につなげていく役割を担っています。

ユーザーの検索履歴やページ閲覧状況から、的確に広告をマッチさせる点が肝心です。

アイテムマッチの効果的な運用方法

PCを見ている男性

アイテムマッチ広告を効果的に運用するためには、以下のようなステップを踏む必要があります。

  • 自社の主力商品やカテゴリーを選定する
  • 選定した商品に関連するターゲットキーワードを洗い出す
  • 広告作成画面で該当商品にアイテムマッチを設定する
  • 実際に広告を配信し、アクセス数や販売数、広告費用対効果を検証する
  • 検証結果に基づき、広告内容や予算、ターゲットを適宜見直す

まずは自社の強みとなる商品や中核カテゴリーを明確にすることが大切です。

そこから関連性の高いキーワードを複数選定し、そのキーワードに合わせてアイテムマッチの設定を行っていきます。

配信開始後は、アクセスデータや売上などの効果を確認しながら、PDCAサイクルを回して最適化を重ねることが重要になります。

キーワード、予算、対象商品の組み合わせなどを臨機応変に調整し、よりコストパフォーマンスの高い運用を目指す必要があります。

アイテムマッチ広告運用の効果的な流れ

ここで改めて整理すると、アイテムマッチの効果的な実施フローは以下のようになります。

  • 商品データのフィード登録
  • 広告作成でアイテムマッチを選択
  • ターゲットとする個別の商品、または商品グループを指定
  • 関連キーワード、広告予算と入札価格の設定
  • 広告審査を経て配信開始
  • アクセスデータや売上などの成果を確認し、必要に応じて改善を重ねる

まず自社の商品データをYahoo!ショッピングにフィード登録し、その商品の広告出稿が可能になった状態からスタートします。

その後は先に記載した手順に則って設定作業を進めていきます。

キーワードや入札価格、予算設定がポイントになりますが、最初は目安の数値から始めて、徐々に運用実績に合わせて調整を重ねていくのが効果的に運用するポイントです。

専門家の知見を借りる

アイテムマッチの運用は決して難しいものではありませんが、初心者が独学で効率的な運用を行うには相応の時間と労力がかかります。

そこで、アイテムマッチに詳しい専門家や企業のアドバイスやサポートを受けることをおすすめします。

Yahoo!ショッピング広告の豊富な実績とノウハウを持ち、売れるためのコツや広告予算の立て方などの知見もあるため、費用対効果の最大化を図ることができます。

専門家のサポートを受ければ、手間とコストを最小限に抑えながら、最適なアイテムマッチ運用を実現できます。初心者にとって、専門家の知見を借りることは有効と言えるでしょう。

Yahoo!ショッピングのアイテムマッチならEC-Consulting Japanへお任せ

PCの前でOKマークを作る女性

Yahoo!ショッピング広告の運用で実績とノウハウを持つ弊社は、アイテムマッチに関する多くの事例実績から得られた知見を基に、お客様の商品に最適なアイテムマッチ広告運用をご提案いたします。

具体的には、商品の特性に合わせたキーワードの選定や予算設計を行い、マッチング率とコストパフォーマンスの最大化を図ります。

定期的な広告内容の改善提案や、無料で出来るSEO対策のノウハウも伝授しています。

効果的なアイテムマッチ運用や、対策キーワードの検索結果をコスパ良く上げたい方は、EC-Consulting Japanにご相談ください!

お問い合わせはこちらkeyboard_arrow_right

【初心者必見】Yahoo!ショッピングのアイテムマッチについて徹底解説|まとめ

Yahoo!ショッピングのアイテムマッチは、限られた予算で商品の露出を高め、売上アップを図れる有力な手段です。

関連度の高い商品広告を、購買意欲のあるユーザーにピンポイントで届けられるのが大きな強みです。

アイテムマッチの設定や運用には少し専門的な知識が必要ですが、手順を踏めば初心者でも十分に対応できるため、ぜひ積極的にアイテムマッチに取り組んでみてはいかがでしょうか。

なお、今すぐに効率の良い運用を実現したい場合は、専門家のサポートを活用することをおすすめします。

Yahoo!ショッピングの広告運用に実績とノウハウを持つEC-Consulting Japanであれば、お客様の商品に合わせた最適な提案とサポートをご提供いたしますので、お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちらkeyboard_arrow_right

関連記事

Yahoo!ショッピング超PayPay祭の集客対策【おすすめ販促】

Yahoo!ショッピング超PayPay祭の集客対策【おすすめ販促】

Yahoo!ショッピングのプロモーションパッケージについて解説!

Yahoo!ショッピングのプロモーションパッケージについて解説!

Yahoo!ショッピング分析・リサーチツールおすすめ10選!

Yahoo!ショッピング分析・リサーチツールおすすめ10選!

【2024年版】Yahoo!ショッピングで効果的な販促施策9選!

【2024年版】Yahoo!ショッピングで効果的な販促施策9選!

Yahoo!ショッピングで売れる商品ページとは?作成ポイント解説

Yahoo!ショッピングで売れる商品ページとは?作成ポイント解説

Yahoo!ショッピングで上位表示する方法|おすすめ順で1ページ目に

Yahoo!ショッピングで上位表示する方法|おすすめ順で1ページ目に

ブログ一覧へ戻るkeyboard_arrow_left

お問い合わせ

ご相談はお気軽にご連絡ください。
メールは24時間365日受付しております。